「ノートを1冊にまとめる」を実践してみて感じたこと

その他いろいろ

学生の頃からの感覚で、大人になった今でも書く内容ごとにノートを分けている人が多いのではないでしょうか。

実は、ノートを何冊も作るのには大きいデメリットがあります。

逆にノートを1冊にまとめてみるとメリットが多くあったので紹介していきます。

ノート術の本の中の1冊

私は、友人からこの方法を聞いて試してみようと思ったのですが、

“ノートを1冊にまとめると良いらしい”
という情報の出どころは「情報は1冊のノートにまとめなさい」という本のようです。

この本を知らずに始めたのですが、面白そうなので今後読んでみようと思います。

さぁ、それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

ノートを分けるメリット

  • 内容がごちゃごちゃしない

  • 何が書いてあるかわかりやすい

この2つくらいなのではないでしょうか。

改めて考えてみるとメリット少ないですね。

しかし、学生の場合はノートの提出があったりするのでどうしても1冊にできないから…という、メリットとはまた別の理由もあるでしょう。

ノートを分けるデメリット

  • 中途半端なノートが多くなる
  • 書く内容に合わせてノートを探さなくてはならない

大きく言うとデメリットも2つなのかな、という感じですね。

しかし、このデメリット意外と無視できません。

中途半端なノートが多くなると、「どうせ途中で書かなくなるし、ノート作らなくてもいっか」となりがちです。

書く内容に合わせてノートを探さなくてはならないと、何かをパッと思いついたときにメモのように書くことができずに、そのまま忘れてしまうなんてことが起きます。

このデメリットをなくすには「ノートを1冊にまとめる」はとても効果的でした。

ノートを1冊にするメリット

  • いちいちノートを探さなくて済む

  • 全部ここに書いてある、という安心感が得られる

  • 何でも書いていいからノートへのハードルが下がる

  • 読み返すと楽しく、新しい発見もある

  • 1冊のノートをしっかり使い切る達成感が味わえる

ノートを分けている場合よりもメリットが多いですね。

特に、いちいちノートを探さなくて済むのは、かなりのメリットだと思います。

このノートにはこの内容はちょっと違うな、とかを考えなくて済むようになって、「書く」という作業への負担がだいぶ軽くなります。

しかし、デメリットも当然あります。

ノートを1冊にするデメリット

  • どこに何が書いてあるか分からなくなる

  • 読み返すととまらない

  • たくさん書けるようにと大きいノートにすると、持ち運ぶのが大変

デメリットの中でも1番面倒だな、と感じたのが「どこに何が書いてあるか分からなくなる」こと。

見たい内容のものを探すのことが意外とストレスになります。

もちろん、目次をつけるとか、色で目印を作るとか、分かりやすくする方法はあります。

しかし、そこまでまめな人はそんなにいないんじゃないかと思います。

そして、そこまでしっかり管理できる人はきっと1冊でも複数冊でもしっかり書けるのでしょう。


※以下2019.10.22 追記

と思っていたのですが、この「どこに何が書いてあるのかわからなくなる」デメリットを解消する方法を見つけました!

とっても役に立っている方法なので、下記リンクから良ければどうぞ!

→「【簡単ノート術】ノートに目次をつける方法【情報整理術】」(準備中…)

「ノートを1冊に」は一長一短

多少ごちゃごちゃして、目的の内容を探すのに手間がかかっても、書く内容を気にせず1冊にパッとかけるのが良い!

という人はノートを1冊にするのに向いていると思います。

しかし、内容がごちゃごちゃするのは嫌だよ、すぐ目的の内容が見つかるほうが良い!

という人は内容別に分けたほうが楽だと思います。


※以下2019.10.22 追記

ここに関しても、今の私は学生などやむを得ない理由がある人以外はノートを1冊にまとめたほうが良いと思っています。

理由は、さきほども書いたようにノートに簡単に索引を付ける方法を見つけたからです。

これをやると、ノートを1冊にしてもすぐに確認したい内容を見れるので、1冊にするメリットを感じながら、デメリットはほぼない状態を作り出すことができます。

1冊に全てが可能かどうか

私は1冊のノートと、スケジュール帳の2冊を使っています。

ノートを1冊にしてみて、気軽にいろいろ書けて、内容を振り返るのが面白いなと感じたので、ノート1冊派です。

ノートは100枚のA4サイズのものでなんでも書いていい用として使っています。

スケジュール帳は、文字通りスケジュールの管理とタスク管理、日記、読んだ本の記録などを書いています。

しかし、予定はアプリでの管理に移行したため、スケジュール帳を持ち歩いていません。

なので次はノートとスケジュール帳を1冊にまとめてみようと思っています。


ノートがなくなるタイミングで統一するか、スケジュール帳を変えるタイミングで統一するかが迷いどころですね。

→ノートがなくなったタイミングでスケジュール帳とノートを1冊にまとめました。

ノートを1冊にまとめる まとめ

ノートを1冊にまとめるのは、人によって向き不向きがありそうですね。

メリットもデメリットもありましたが、まずは「1冊にまとめる」をやってみることをオススメします。

さらにそこから試行錯誤をしていくと、自分にあったものを見つけられると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました