努力の天才になるには?成長マインドセットを身につけよう

マインド

努力を努力と感じない人、

「努力の天才」と呼ばれるような人になりたくないですか?

努力の天才になれたら、いろんなことがうまくなるし、目標も達成しやすく、夢を叶えやすくなります。


努力の天才には誰にでもなれます。

しかし、努力の天才になる方法を知らない人が多いのです。

これはもったいないと思い、努力の天才になる方法を紹介します。

努力の天才になるのに必要なのはマインドセットを知り、成長マインドセットを身につけることです。


成長マインドセットとは何か、どうやって身につけるのかを知り、「努力の天才」になって夢を叶えましょう!

マインドセットとは?

キャロル・S・ドゥマック教授によると、マインドセットには2種類の考え方があります。

それが、「硬直マインドセット」「成長マインドセット」というものです。

  • 硬直マインドセット…人間の才能や能力は生まれつき決まっていて、後から変えられるものではない、というマインド
  • 成長マインドセット…人間は努力次第で人生や考え方を変えていける、というマインド

「努力の天才」になるには、成長マインドセットを持つことが大切です。

まずはあなたがどちらのマインドセットに寄っているのか、考えてみましょう。


マインドセットの違いは、「何かに失敗したとき」に大きく現れます。

硬直マインドセットの人は、ミスから目をそらし自分を守ろうとします。

成長マインドセットの人は、事実を受け止め問題解決に取り組みます。

他にもいくつか違いがあるので紹介します。

あなたがどちらに近いか見てみてください。

硬直マインドセットの特徴

  • うまくできることにしか興味がない
  • 難しいと感じたことには興味を失う
  • 才能を発揮できないものには魅力を感じない

硬直マインドセットには、以上のような特徴があります。

どうでしょうか。当てはまるものはありますか?

成長マインドセットの特徴

  • 失敗を恐れない
  • できないことにも積極的に取り組む
  • 才能は伸ばせると信じている

以上が成長マインドセットの特徴です。

成長マインドセットを身につけるのは難しそう…と感じた人もいると思います。

最初は私もそう思いました。

しかし、少しずつ成長マインドセットを身につけています。

ここからは、成長マインドセットの身につけ方を紹介します。

成長マインドセットの身につけ方

成長マインドセットを身につけるための5つのステップを紹介します。

  1. 脳の可塑性を知る
  2. 才能よりも努力を褒める
  3. 結果と努力を正しく結びつける
  4. 達成可能な目標を設定する
  5. 失敗から学ぶ

脳の可塑性を知る

人間の脳は、ニューロプラスティシティと呼ばれる変化するしなやかさを持っています。

これによって、良く使う脳の部分は発達していくと知られています。

たとえば、ロンドンのタクシーの運転手を調査したところ、長年タクシー運転手をやっている人ほど、空間認識能力が高いことがわかっています。

このように、脳は変化する力を持っているので、成長することができると知ることが大切です。

まずは、硬直マインドセットの考え方にとらわれずに、成長できることを知ること、これが第一ステップです。

才能ではなく努力を褒める

これは大人にも効果的ですし、子育てにも効果的です。

「100点取れてすごいね!」ではなく、「100点取るために毎日勉強してたもんね、すごい!」のような感じです。

大人は自分でもできます。

何かの結果に対して、「これが得意だからできた」「この才能あるのかも」ではなく、「こういう風にやったから、こうなった」のように努力の過程をしっかり見ることが大切です。

結果と努力を正しく結びつける

これは、結果に対して何が良くてそうなったのか、何が悪くてそうなったのか、正しく分析することを指します。

自分の力でどうにかなることなのか、ならないことなのか。

どうにかなることだとするなら、どうすればよかったのか。


「失敗は自分のせい、成功は周りのおかげ」と言ったりしますが、これも正しくは間違いです。

成功はあなたの努力も少なからず影響しているはずです。

そういう面にも積極的に意識を向けて、結果と努力を正しく結びつけられるようになることが大切です。

達成可能な目標を設定する

高すぎる目標ではなく、頑張れば達成できるくらいの目標設定をしましょう。

達成できそうにもない目標は、細かく分けてみることです。

目標は「明確で具体的な」ものにしましょう。

そうすることで、結果と努力を正しく結びつけやすくなります。

失敗から学ぶ

硬直マインドセットの人は、ミスから目をそらし自分を守ろうとします。

このままでは成長マインドセットを持つ人にはなれません。

成長マインドセットを持つには、「失敗から学ぶ姿勢を持つこと」です。

失敗したときは、「ラッキー!また新しい学びができる!」と思えるようになると最強ですね。

とはいえ、これはかなり難しいのですが…。

少しずつ、失敗から学ぶ姿勢を持てるように意識していきましょう。

成長マインドセットを持つと強くなる人

「努力の天才」になりやすい人がいます。

成長マインドセットを持つと強くなる人です。

それは、飽き性だったり、めんどくさがりだったりする人です。


飽き性だったり、めんどくさがりは努力をしたくないんじゃないの?と思うと思いますが、その通りです。

私も極度のめんどくさがりですが、職場で評価されていたのは仕事の速さと効率の良さでした。

そう、めんどくさいことはなるべく早く、手間をかけずに終わらせてしまいたいので、その方法を考えて効率よく仕事をするんですね。


これと似たようなことが成長マインドセットにも言えるのです。

飽き性な人は、切り替えて次に進む能力が高いと言えます。

これは、成長マインドセットと相性がとても良いです。

なぜなら、次に進んだ先で常に成長マインドセットを持っていれば一つ一つに対しての成長が早く、とても速いスピードで進んでいくことができるからです。


そして、めんどくさがりな人。

努力したくないですよね?

その、努力を減らすための努力をすることができるようになれば、それは努力と感じなくなり、どんどん効率が良くなり、「努力の天才」になることができます。


めんどくさがりの人が一番、成長マインドセットを身につけたら強いのかもしれません。

努力の天才になるには? まとめ

硬直マインドセットと成長マインドセットがあり、努力の天才になるには成長マインドセットが必要ということを紹介してきました。

いかがでしょうか。

マインドセットについてもう少し詳しく知りたい人は『マインドセット「やればできる!」の研究』という本がオススメです。

マインドセットについてより詳しく様々なことが書いあるのでぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました