悪い習慣を断ち切り、新しい習慣を手に入れる方法【習慣化の階段】

マインド

ダイエットをしようと思っているのに続かない…

新しい習慣を身につけたいのに、古い悪い習慣が断ち切れない…

こんな人は、人の無意識と有意識(潜在意識と顕在意識)について少し勉強して、それを頭に入れておくと習慣化が楽になるかもしれません。

実際に私はこの考え方を頭に入れておくだけで習慣化がかなり楽になりました。

習慣化の手助けになること間違いなしです。

有意識と無意識、習慣化の階段

有意識は顕在意識とも言い、意識的に思っていること、考えていることを指します。

無意識は潜在意識とも言い、意識せずとも引き起こされる言動のことを指します。

ダイエットで例えるならば、有意識は「甘いものをたべちゃいけない」という意識無意識は「気付いたら甘いものを食べてしまっている」という状態のことです。


この、有意識と無意識の力や量の差はおよそ3万倍もあり、人は無意識に対してはとても逆らいにくい生き物なのです。

さらに厄介なことに、人の性質として「不快を遠ざけ快に向かう」というものがあります。

これは生物として本能的なものなので、無意識レベルでインプットされているものです。

なぜ「不快を遠ざけ快に向かう」のでしょうか?

それは、「不快=生命の危険、快=生命の存続」という動物的な本能からなのです。

無意識レベルの本能がどれだけ強いものなのかは想像に容易いかと思います。


習慣化には、全ての人が全ての習慣で通る階段があります。

それを図にしたものがこちら!

4段階で全てのことは習慣化されていきます。

下から順番に

  • 無意識・無能…知らないし、できない
  • 有意識・無能…わかっているけど、できない
  • 有意識・有能…意識していれば、できる
  • 無意識・有能…できちゃってる

となっています。

図の通り、真ん中二つの「有意識の状態」は不快なものです。

わかっているけどできないこと、意識すればできること、はどちらも快ではないですよね。

反対に、「無意識下の状態」は快です。

知らないしできないこと、できちゃってることは不快ではないはずです。


そして、まんなか二つの不快の状態を人は避けようとします。

上の「できちゃってる」快を目指すのか、下の「知らないしできない!と知らないことにする」快を選ぶのかは自分次第です。

また、下の快に行くために出てきてしまうのが「言い訳」です。

「どうせ無理だから…」「向いてない」「らしくない」などなど。


人はだれしもがこの階段を上って、習慣化してきたことがたくさんあります。

なので、不快ゾーンを乗り越えてきた経験があるのです。

これを知っているか知らないかで、習慣化のしやすさが大きく変わると思います。

この階段を知っていれば、不快ゾーンや言い訳が出てきそうな時は、「成長している途中!」と喜ぶことができます。

言い訳が出てきたら、それを認識し、階段を思い出してください。

不快ゾーンを抜けた先に、習慣化の快が待っています。

どうしてもできない時に絶対やってはいけないこと

不快を遠ざけ、快に向かう性質に引っ張られて、「やろうと思っているのにできない」ときに絶対にやってはいけないことが1つあります。

それは、「自分を責めてしまうこと」です。


何か新しいことに挑戦するのには、エネルギーが必要です。

ところが、自分を責めてしまうとエネルギーは減ってしまいます。

すると、必要なエネルギーがなくなり、ますますできなくなる…という負のループに陥ってしまいます。


責めないためにはどうすればいいかというと、「やろうと思っていたことを認めてあげる」ことが大切です。

「新しいことに挑戦しようとした自分えらい!」

「できないことをやろうと思った自分すごい!」

と、できなかったことにフォーカスを当てるのではなく、やろうとしたことにフォーカスを当ててあげるのです。


こうすることで、エネルギーを減らすことなく進むことができます。

また、向上心のある人ほど自分を責めやすいので注意が必要です。

逆に、向上心がない人は自分を責める理由がないので自分を責めたりはしません。

自分を責めたくなったら、「私向上心めっちゃあるじゃん!いいね!!」と喜べるようになると良いですね。

習慣化の階段 まとめ

人は不快を遠ざけ、快に向かいます。

さらに、習慣化の途中には絶対に不快ゾーンがあります。

けれど人は誰しもがこの不快ゾーンを乗り越えた経験があります。

不快ゾーンに入ってるな、言い訳が出てきたなと思ったら喜べると最高です。

この階段の図を頭に入れて、習慣化に役立ててもらえたら嬉しいです。


さらに、やろうとしてたことができなかったときは絶対に自分を責めないこと。

エネルギーを減らしてしまいます。

大事なのは、上がっていくことではなく下がらないことだと覚えておいてください。


この記事は鴨頭さんというYouTube講演家さんの動画を参考にしています。

リンクを載せておきますので気になった方はご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました