【お金が貯まらない理由と貯金術】家計簿つけなくても貯金はできます

その他いろいろ

お金を貯めたいのになかなかたまらない…

気付いたら給料日前はいつもカツカツ…

家計簿は続かないんだよなぁ

こんな人に、家計簿をつけなくても貯金できる体質に変えられる方法を3つ紹介していきます。

さらに、なぜ貯金できないのか、家計簿は続かないのかも解説していきます。

これを読んで貯金できる人になりましょう!

貯金できない理由3つ

貯金ができない理由は、意志の弱さではなく、見えないところや認識できていないところで使ってしまっていることです。

それを把握するために家計簿をつけるんじゃないの?と思った方、正解です。

何にどれくらい使っていて、どこを削れば貯まりやすいというのがわかっていて、それを実践できている人なら貯金はすでにできているはずです。

しかし、多くの人が家計簿はただの記録にとどまるし、そもそも続きません。

貯められない理由を細かく見ていきましょう。

情報の管理ができていない

何にどれくらい使っているのか、

何に1番お金を使っているのか、

何に対して無駄に使っているのか、

正しく計算して把握する必要があります。

そうしないと、人は目についたところから節約していこうとします。

コンビニに行かないようにしよう、と思ってそれを実践してもそもそもそんなにコンビニに行く生活をしていないかもしれないし、コンビニで使う金額なんてたかが知れています。

そんな小さいところで節約するより、もっと効率が良いところがあるんじゃないの?と考えることが大切です。

資産を分散している

口座を多く持っていたり、財布を細かく分けていたり…という人がこれに当てはまります。

たくさん分けていると、1か所にまとめて全てあるときより、多くあるように感じてしまいます。

結果、この口座になくなってもあっちの口座にはまだあるから…とか、この財布にはもうこれくらいしかないけど、あっちの財布にはこれくらいあるよな、とか。

持っている資産の量を多めに考えてしまうようになるのです。

それでは無駄遣いは減らないですよね。

予算の誤謬(ごびゅう)という性質

人間には、予算の誤謬という性質があります。

これは、予算を安く見積もってしまうことを指します。

先週いくら使ったかも、来週いくら使う予定かも安く見積もる傾向にあるということです。

人は、過去の都合が良いことを思い出すし、バラ色の未来を想定する生き物なんです。

予算に対して使いすぎていることすら把握していない状態を作り出せるということですね。

これが見えないところに使っている状態です。

家計簿が続かない理由

人は快に向かい、不快から遠ざかるという性質を持っています

これは、生き物としての本能なのであらがいにくいものです。

家計簿で、こんなことにこんなに使っているんだ…と思うのは快か不快かでいうと不快ですよね。

こんなに使っちゃってるから来月はこんだけ我慢しなきゃな…とかも不快です。

家計簿をつける、という行為自体が快ではないんです。

これは避けようとしても仕方がないことなんです。

そこで、家計簿をつけずに、貯金を意識せずに貯金ができるようになる方法を紹介します。

貯金を意識せずに貯金する方法2つ

貯金ってしんどいイメージあるじゃないですか。

お金貯めるの楽しい!って思考になれれば無駄遣いも必然的に減っていくと思いますが、なかなかそうもいきません。

なのでここでは貯金を意識せずに貯金できるようになる方法を2つ紹介します。

1週間に1回でも良いから日記を書く

日記の内容は、「誰かへの感謝」です。

人間は過去の出来事に感謝すると、セルフコントロールがうまくなることがわかっています。

そこで、1週間に1回でも良いので感謝日記を書いてみよう、というものです。

セルフコントロールがうまくなると、目の前の誘惑に負けずに冷静な判断ができるようになります。

これが、結果的に無駄遣いを減らしていくことに繋がるのです。

循環型思考

毎日は同じことの繰り返し、さぁ今日も頑張ろう、と思うことを循環型思考といいます。

同じ日々が繰り返す、と思うから循環型思考なんですね。

この循環型思考で勝手にお金が貯まったという面白い研究結果もあります。

それは、2013年ライス大学の実験でグループを2つ作り、片方のグループには「2週間でなるべく貯金をしてくださいね」と伝えました。

もう片方のグループには「毎日は同じことの繰り返しなんです」という話だけ行い、貯金に関しては触れずにいたそうです。

2週間後の貯金額は、貯金をしてくださいと言われたグループより、循環型思考を教わったグループのほうが82%も多かったんです。


循環型思考になることで、毎日の行動に意識が向き、明日やろうと思うことが減ることから、このような結果になるようです。

循環型思考を手に入れるには、過去の消費を1週間分記録してみてください。

簡単にでOKです。

それがこの先も続いていくと意識するだけで貯金できるかどうかが変わってくると思いますよ。

お金が貯まらない理由と貯金術 まとめ

お金が貯まらない理由は、意志の弱さではなく見えないところ、認識できていないところで使ってしまっているからでした。

貯金を意識せずに貯金できるようになる方法は、「感謝日記を書くこと」と「循環型思考」になることです。

ぜひ取り入れて、貯金ができる体質になって大きな買い物をしたり、老後のためにしたり、幸せな人生を送りましょう。

この記事が、その手助けになればうれしく思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました